遠近両用レンズのユレ、ゆがみは手元を見る度数(加入度)が弱いほど少なく慣れやすく、自然な見え方になります。逆に加入度が強いほどユレ、ゆがみが大きく慣れるまでに時間が掛かります。