遠近両用メガネレンズの構造は、こうなっています。


遠くを見る度数と近くを見る度数の差を「加入度」とよびます。加入度が低いとユレ、ゆがみが少なくなります。反対に加入度が強くなるとユレ、ゆがみが大きくなります。そして、レンズの側方部に発生するユレ、ゆがみの大きさに影響してきます。フレームのサイズ、上下天地幅によっても見え方、ユレの部分も影響します。